スターサーバーのファイルマネージャーを使用し、ads.txtファイル問題を解決した

おしゃれな石窯 調べてみた
スポンサーリンク

2019年6月3日
久しぶりにGoogleAdSenseのサイトを見ると、

「要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 。」

という警告がありました。

初心者の僕は、何か変なことをしたかな・・と心配しながらads.txtを検索すると、

内容は広告枠に関することで、ads.txt の使用は必須ではないが、Google は使用を推奨しているとのこと。

今すぐ修正してください

との文面なので、すぐ対処した方がいいと思い、色々調べながら、なんとか修正しました。
スターサーバーでの対処方法のサイトがなかったので、記事にします。

スポンサーリンク

目次

  • やるべきこと
  • 修正する方法(対処方法)

やるべきことは、

自分のサイトのルートディレクトリにads.txtを保存する。

そのads.txtとは、

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

を文字コード:UTF-8 でtxt文書で保存したもの

(pub-00000000000000の部分は自分のサイト運営者IDとする。)

サイト運営者IDは GoogleAdSenseのサイトのアカウント情報に記載されてます。

僕は、メモ帳を開き、上記コードをコピー・貼り付けし、自分のIDに変更し、名前を付けて保存とし、その画面の下部にある文字コード欄をUTF-8として、adsの名前でパソコンに保存した。

修正する方法(対処方法)

修正する方法としては、
FTPソフト 、プラグイン、ファイルマネージャーによるものがあるようですが、ファイルマネージャーによる方法が初心者でも確実だと思います。

ファイルマネージャーでの対処方法

スターサーバーの「サーバー管理ツール」の画面で
1.FTPアカウント設定をクリックし、
2.webFTPログインをクリック。
  すると、ファイルマネージャーが開かれる。
  (ルートディレクトリのファイルが表示されている)
3.ads.txtのファイルがないことを確認し、
  (ある場合は追記にする必要がある)
4.アップデートをクリックし、
5.展開された画面の参照ボタンをクリックし、作成しておいたads.txtを選ぶ

6.最後にアップロードボタンをクリックし完了となる。

これにより、ads.txtファイルがサイトのルートディレクトリに保存されます。

翌日にGoogleAdSenseのサイトを確認したら、警告はなくなり、過去の通知をみたら、解決済みとなってました。(過去の通知は右上のベルのマークから)

以上(画面がなくてすみません)

タイトルとURLをコピーしました