初めてのお掃除ロボット購入の際に考慮したポイント

v5s Pro 使ってみた
スポンサーリンク

2018年1月
「専業主婦は忙しいのよ」・・・
「それに最近、パートを初めて、私、掃除のおばさんなの」と自嘲気味に話す妻の声が聞こえてきた。

いつも寝るのが遅く、掃除・洗濯に追われている妻、
その家事負担を少しでも軽減しようと、今回お掃除ロボットの購入を検討することにした。

ただ、高い買い物だし、どれがいいかのか全くわからない。
電気屋で確認したり、ネットで検索したりと、色々考えて、これだと決めたポイントについて紹介します。

スポンサーリンク

初めてのお掃除ロボット購入の際に考慮したこと

  • 求める機能と価格
  • 静音性とお手入れ
  • バッテリーの持ちと部品交換
  • 購入決定
  • まとめ

求める機能と価格

これらは、あたりまえだと思いますが、物を購入する際にこれがぶれると店員さんの言うがままになったりします。
僕の場合は、今、販売されているものの機能をしっかり調べ、どの機能が必須で、いらない機能、あったらいいなと思う機能はどれか、そして価格、口コミ、使い方を確認して、求める機能を決めていきます。結局、価格との折り合いになりますが、基本的にコスパ最高を求めます。

調べたロボット掃除機の機能をあげると以下となります。(赤字は僕の求める機能)

  • 掃き掃除(サイドブラシ搭載)
  • 拭き掃除
  • 絨毯向き(毛ブラシ搭載)
  • 落下防止
  • 自動で充電しに戻る
  • スケジュールタイマー予約
  • 衝突防止
  • スマホ操作
  • スキャン(カメラ搭載)
  • バーチャルウォール

いらない機能として、使用箇所をフローリングのみ(一部畳)としているので、絨毯用毛ブラシは必要なし。(髪の毛が絡まり易いとの口コミもある)
あったらいいなは、拭き掃除、スマホ操作、カメラ搭載、バーチャルウォール(侵入禁止にすることができる)等

購入は価格が安いネットでと決め、相場から3万円までとした。

静音性とお手入れ

静音性は、出掛けている間にお掃除をしてもらうなら、気にする必要はないが、タイマー予約で決まった時間に掃除をさせたいので、静かなものがほしいと思う。しかし、確認しようにも製品の比較が難しい。(電気屋で確認したが、電気屋自体が静かな場所ではないので、どれもそれほどうるさく感じなかった。)結局、口コミを参考にした。
お手入れについては、回数が少なく簡単なものがいいが、あまり重要視しなかった。

バッテリーの持ちと部品交換

バッテリーは持ちのいいリチウムイオン電池が必須だと思う。かつネットで売っていること。
その他の消耗品としてブラシ等もネットで購入が可能な商品を探した。

購入決定

ILIFE社の V5s Proとした。求める機能があり、静音性の口コミ、価格(2万円程)、拭き掃除ができることなどから決定した。

まとめ

初めての買い物だったので、念入りに調べて、結果、良いものを選べたと思う。

実際に使用した感想は、正直、賢くないな・・と感じる。でもそこがまたかわいいかったりする。

静音性は他と比べてないので何とも言えないが、期待が高かった分、ちょっと残念かなと思う。(ゴミがいっぱいだと特に音が大きくなる。まあ、当たり前かも。)我が家では、朝の決まった時間にルンバくん(ルンバじゃないけど、こう呼んでます。)が動きだすが、子供たちは気にせずに寝ている。(早く起きろ!)

センサーの関係で黒色が苦手らしく、テレビ台に勢いよくぶつかるので、白いカバーアップテープを丁度良い高さで張り付けている。

妻も喜んでおり、1階のフローリングの掃除のほとんどをルンバくんに任せている。

おすすめ 高 (コスパ良し)

掃除時間の短縮として一日5分とし、毎日だとすると、年間30時間となる。最低賃金を800円とすると2万4千円/年。こう考えてもコスパはいいかも。

タイトルとURLをコピーしました