外貨両替ドルユーロでお得に両替した

トロント空港での記念写真 使ってみた
スポンサーリンク

2019年2月
娘のホームステイの際に利用した「外国両替ドルユーロ」でお得に両替ができたので、紹介します。

娘のホームステイは、他の記事で書きましたが、
今回、カナダに行く際、少額の外貨を手持ちにするために、調べたことや実施したことを記載します。

外貨を手に入れる方法は?

1.カナダに到着後、クレジットカード等を使い両替する

これはお得のようだが、場所によってはATMに並んだりして時間がない場合があるため、日本国内で外貨を手に入れておいたほうが安心である。

2.金券ショップで両替する。

これもお得のようだが、我が家は田舎であり、近くに金券ショップはない。偽札のリスクや金券ショップに外貨がない場合がある。

3.銀行や郵便局で両替する。

手頃ですぐ手に入れることが可能だが、換金レートが悪い。

4.外貨宅配サービスを利用する。

手軽でお得であった。数日で配達される。

いくつかの外貨宅配サービス業者の中で、比較したところ、「外貨両替ドルユーロ」が一番お得であったので、今回、利用しました。

「外貨両替ドルユーロ」は、取引実績も豊富とのことで、注文は簡単にでき、対応も良かったです。
「外貨両替ドルユーロ」はこちらから

少額だったため、手数料が掛かったが、それでも一番お得でした。
(2019年6月1日より、外貨購入・外貨売却ともに注文の下限金額が3万円となります。)

支払い方法としては、銀行振込みと代金引換に対応している。代金振込み後、数日で郵送されてきました。(振込手数料を負担する必要があるが、三菱UJF銀行、ジャパンネット銀行、郵便局に対応しており、私は無料で振込みをしました)土日は出荷対応していないようなので、その分を見込んで余裕を持っての手続きが必要です。

銀行振込の場合は午後3時までに、指定口座へ着金の反映があったものを出荷し、 代金引換の場合も午後3時までに、注文があったものを、郵便局の最終便で外貨を出荷しているとのこと。(平日午後4時~午後6時に出荷される。)

また、送られてきた封筒には、余った外貨を日本円両替用の封筒が同封されており、これも助かると思います。(娘は余らせず使い切ってきました)

結果、余計なお金の心配をすることもなく、楽しいホームステイを過ごせたとのこと。

ナイアガラ写真
ホームステイ先のカナダの風景(ナイアガラ)

おすすめ 高
また、利用したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました