スリッパにフローリングシートを簡単に取り付る方法

作ってみた
スポンサーリンク

2022年12月
「このスリッパ汚いから捨てちゃって!」
僕の愛用している雪の結晶柄のモコモコのスリッパに対し、妻から命令が下された。

昨年購入し、ワンシーズンしか使っていないけど。
スリッパ裏はかなり汚れていた。ほこりが固まったものがこびりついている。

我が家でスリッパを履くのは僕だけで、基本使い捨て。
僕は前々からもったいないなーと思っていたが、洗うのは面倒。

ということで、
スリッパの裏面に付け替えできるシートを取り付ければ、長く使える、
と思ってやってみました

スポンサーリンク

スリッパ裏にシート取り付け方法

1.材料

  • フローリングシート(ドライタイプ)
  • 輪ゴム(No.16)
  • スリッパ(裏面にステッチが入ったタイプ)

2.取付方法
用意するスリッパは、裏面にステッチが入った(糸で縫われている)タイプ。これ重要。
(これ以外のスリッパでも可能かもしれないが、すぐに外れちゃうのではと思われる)

ステッチが入ったスリッパ

まず、スリッパ裏をフローリングシートで覆う。
スリッパは、スリッパ本体(足の入る部分)とスリッパ裏材に分けられるが、この境目にフローリングシートを挟んで輪ゴムを入れる。(シートを隙間の奥まで入れるのが大事)

スリッパに輪ゴムでドライシート取付中
(輪ゴムを掛けたところ)

輪ゴムが見えなくなるように奥にまで入れる。(ステッチにあたるまで)
このとき、シートがしわにならないようにする。
あとは、スリッパの形に沿って、はさみで余分な分をカット。(残しすぎない。)
これでシートは外れないし、見た目がいい(普通のスリッパと同じ、上から見たときにシート取付しているかわからない。)
完成

だいたい、片方1個で3分以内でできます。材料も100均のもので大丈夫。

まとめ

これで、スリッパ裏を洗わなくても良い。(我が家では捨てなくて良くなった。)
床の掃除にもなるし、一石二鳥。

ただ、使ってみて思ったのは、
結構、すべる。(階段は特に気をつける必要があるかも)
・思っていたより、スリッパ裏に取付けたフローリングシートが汚れる。
(2・3日で取替したくなるレベル)
スリッパからシートがはみ出すと危ない。
(逆の足で踏んで転びそうになる)
・当初はシートが外れるのではと思ったが,全く外れない。

おすすめですが、自己責任で

タイトルとURLをコピーしました